【シルク製版】スクリーン紗の種類(特徴、規格)について

以前、スクリーン印刷版の紗について当ブログで軽く触れました。
今回は、弊社で取り扱っている紗を中心に紗の性質や規格など紹介します。
スクリーンメッシュ写真

材質(ポリエステル・ナイロン)

今でもシルクスクリーン印刷と呼ばれることが多いですが、今は絹ではほとんど製版しておりません。弊社ではポリエステル(※テトロン)紗が主流で、用途に応じてナイロン紗を使用しております。
ナイロン紗はポリエステル紗より伸長性があり寸法精度は良くありませんが、印刷面に密着しやすいため、凹凸面がある印刷に多く使用されております。
寸法精度をもとめられるプリント基板では、ステンレススクリーンが用いられておりますが、弊社では取り扱いしておりません。

※テトロン紗と呼んでいる方(事業所)もいらっしゃいます。”テトロン”とはポリエステル繊維の商標ですので、同じポリエステルの紗のことです。

糸(複糸・単糸)

織り糸にも、複数の糸を撚ってできた糸(複糸)で織っているマルチ紗と(針金のような)一本の糸(単糸)で織られたモノ紗があります。

一般的には、マルチ紗に比べ、モノ紗の方が一本の糸なのでインキの通りがよく、詰まりづらいとされております。また伸長性もモノ紗のほうが安定しています。

薄い生地などはにじみやすいので、インキ付着量を抑えるためにマルチ紗を使用することもあります。

規格(メッシュ・線径・開口率…などなど)

柄を形成の出来るだけの紗の密度があるか、適度なインクの転移量など、紗の規格から適切な紗を選びます。その規格(単位)について説明いたします。

織組織拡大図メッシュ(数)…紗の織組織は主に平織りで、糸と糸との間隔を表す単位です。1インチの中に何本打ち込まれているで紗の細かさを表しております。1インチ=25.4ミリです。

線径…糸の太さを表します。単位はμm(ミクロン)です。1ミクロン=1000ミリです。

開口率(オープニングエリア)オープニングは紗の孔の寸法です。ミクロン単位で式にあらわすと、オープニング=25400μm÷メッシュ数-線径となります。
※同じメッシュであっても糸(線径)が太ければ、オープニングは小さくなり、細ければオープリングは広がります。
糸を含んだ寸法からどのくらいの率で孔が開いているか率で表したものが、開口率になります。開口率=オープニング÷(25400μm÷メッシュ数)

紗厚糸と糸の交わった箇所の厚み(μm)です。紗厚は糸が交差した高さになるので線径の2倍に近くなります。紗厚については各メッシュメーカーのカタログ等をご参照ください。
オープニングの面積に紗厚(高さ)を掛けることで転移量がでますが、これはあくまで目安です。

まずはご相談ください

紗の選定は印刷再現性の良し悪しはもちろん印刷産業の効率にも関係してきます。
以前、紗の糸を太くして版の耐久性をあげたいという要望があり、線径が太くなる分メッシュカウントを下げて製版する事例や、濃色地のTシャツプリントでインキをもう少しのせたいとのことと、インク詰まりを減らしたいとのことで、同メッシュで線径の細いもので製版いたしました。紗の性質や規格を知ることで、上記のように最適な版を製版することができます。
また、弊社には様々なメッシュや線径の紗を在庫しております。印刷・製版等でなにかお困りなことなどがありましたら、お気軽にご相談くださいませ。


〒918-8051 福井県福井市桃園2丁目1-40
株式会社横山工藝 製版部  横山和也

お問合せはこちら▼

シルクスクリーン版に関するお問い合わせ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA